目の下のたるみが気になる!役立つ4つの解消法はコレ!

2016y04m07d_150720998

 

目の下にたるみを感じて、なんとか解消したい!と思っている人は多いのではないでしょうか。でもその方法が分からずに悩むこともありますよね。

今回は、目の下のたるみを軽減させるための解消法についてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

①表情筋をほぐしましょう

顔には30以上の細かい筋肉があり、それらの筋肉は普段の表情を記憶していくものなのです。つまりは、普段からムスッとした表情をしていると、その表情がインプットされてしまうことになります。

主な表情筋肉としては前頭筋と呼ばれる筋肉は眉毛の上から伸びています。そして眼輪筋というのは、目の周りを囲んでいる筋肉のことで、目の下のたるみに関係するのは特にこの筋肉のことです。

他にも顎筋(きょうきん)と呼ばれる顎間接から口角まで伸びている筋肉や、唇の周りの口輪筋(こうりんきん)そして頤筋(おとがいきん)というような唇の下から顎にかけて伸びる筋肉などがあります。

普段から出来るだけ笑顔でいること、そして表情筋を自らほぐすことにより、目の下のたるみにも良い影響を及ぼすことになります。普段からほぐすように心がけることが必要になるでしょう。まずは表情筋の緊張を取ることが大切なのです。

かといって、目の下を直接マッサージすることはあまり良いことではありません。というのは、目の下はとてもデリケートですので、直接手でマッサージをすることにより良い効果を与えずに、逆に刺激につながり傷つけてしまうこともあるのです。

それよりも、頭皮のマッサージを行うようにしてみましょう。頭皮がこわばることにより、顔の筋肉もこわばることになるのです。表情筋をほぐすためには、まずは頭頂部から優しくマッサージを行ってみましょう。これにより、自然に表情筋をほぐすことになり目の下のたるみに対しての改善が期待できます。

 

②むくみを除去しましょう

目の下のたるみは、むくみの可能性もあります。むくみを除去するために効果的なのが、リンパに対してのマッサージです。顔周りのリンパをゆっくりとマッサージすることにより、リンパの流れが良くなります。

顔周りには耳介リンパ節や顎下リンパそして鎖骨のくぼみにある静脈角などのリンパ節があります。体の中でも顔にはリンパ筋が多く集まっています。そしてリンパの出口も顔周辺にあるのです。

温めるというマッサージの仕方もありますが、冷やすという方法もあるのです。細胞に溜まった余分な老廃物を血流とともに流しましょう。ここで冷やすことにより、脳がそこを温めようとするため、血を巡らせようとするのです。

そして、この後にその場所を温めるようにすることで、溜まった老廃物が更に良く流れることになります。温めるだけではなくて「冷やしてから温める」ことを試してみてください。

 

③美容外科にて目の下のたるみを改善するには

美容外科で目の下のたるみを改善する方法があります。ヒアルロン酸やボトックスの注入のようなことが多いでしょう。でも費用が多くかかるという声もあり、1ショットで数万円もかかるケースもあるのです。しかもそれはしばらく続く効果ではあっても、永久的なものではありません。

自分でのケアが面倒だから美容外科へ…という人もいるかもしれませんが、思っていたような効果が出るかは個人差もありますので、その辺りを理解して美容外科での施術を受ける必要があるでしょう。

 

④美顔器を使用するのなら

美顔器については目の下に使用できるものと出来ないものがあります。本来はどのような美顔器でも、目の眼球周辺は使用が出来ません。でもエステナードソニックについては、目の下の使用なら可能なのです。

つまりは眼球の直下を避けて涙袋のあたりの、たるみが気になる部分から使用することが出来るのです。使用することにより、個人差はありますが段々と効果が出ている人が多いです。1週間ごとに自分なりに効果を確認してみると、その効果に驚くことも。

効果がゆっくりと出る人でも3週間経てば、目の下のたるみが軽減していることが分かるようになると、嬉しい声が届いています。ジェルを付けて使用をすることにより、目の下の水分量がアップします。

そのため、たるみの原因となる乾燥肌を防ぐことが出来ますので、効果が出るのも早いでしょう。

 

まとめ

 

目の下のたるみには、様々な解消法があります。目元には年齢が出やすいとも言われていますので、気になる目の下のたるみは早い段階で解消をしたいですね。それによってアイメイクを楽しむことが出来たり、更に自分に自信をつけることが出来るでしょう。