くすみの原因はコレ?すぐにできる改善方法とは

くすみの原因はコレ?すぐにできる改善方法とは

 

顔の印象が大きく変わる、くすみ。この原因にはいくつかあり、当然その理由によって改善方法も違います。

今回は、このくすみの原因とその対処法をご紹介します。くすみのない透明感のある肌になるには、どうすれば良いのでしょうか。

 

くすみとは

 

誰もがくすみを気にしているわけではありませんが、自分では気づかぬうちに起こっている可能性もあります。これまで似合っていた色が似合わなくなったり、ファンデーションの色が合わないと感じるのも、くすみが原因の可能性があるでしょう。また、肌のツヤや透明感がなくなるのもくすみのひとつ。

年齢によるものの可能性もありますが、理由を把握して正しいケアをすれば元の透明感と明るさを取り戻せる可能性はあります。

 

乾燥によるくすみ

 

肌の乾燥とくすみは関係なさそうに感じますが、実は肌の外側でも内側でも乾燥していればくすみの原因になります。

角質細胞が潤いを保った状態なら、肌に当たる光の反射が遮られないため、肌の色は明るくくすみのない状態になるのです。また、肌が乾燥していると角質が溜まりやすくなり、その角質が肌をくすんで見せる可能性もあるでしょう。

改善するには肌の表面も内部も潤いを保てるようなケアが必要です。保湿効果の高い化粧品でしっかりケアするのはもちろん、生活習慣の見直しも必要な場合があるでしょう。

 

血行不良でのくすみ

 

人の体には隅々まで血管が走っています。そして血管の役割は、体の隅々まで酸素や栄養素を運ぶというもの。運ばれてくる栄養素で肌は作られるため、血行不良を起こしていれば健康的な肌を作ることができません。また、血液中のヘモグロビンは酸素不足になると色を濃くするため、顔色に影響を与えている可能性もあるでしょう。

改善するにはマッサージは効果的ですが、間違った方法で行うと逆効果になる可能性があるため注意が必要です。滑りをよくするオイルやクリームを使用することや、力を入れすぎないことは重要でしょう。

また、体全体の血液の循環を良くするのも効果的です。そのためには運動や入浴時に湯船につかるなどのケアも大切です。

 

毛穴汚れや古い角質

 

肌は、ターンオーバーを繰り返して不必要な古い角質を排出しています。しかしその角質が何らかの原因で上手く排出されない場合は肌の表面にいつまでも残り、通常よりも一枚ベールをかけたような状態になるため、それがくすみの原因になっている可能性もあるでしょう。

このような場合に有効なのが、ピーリングやスクラブ。場合によっては、すぐにくすみの改善効果が期待できます。ただし、どちらの方法も一時的に無理に角質を剥がす行為。使用頻度が多い場合やその後のケアを怠ればさらに角質を厚くする可能性があるため、正しい方法とケアが重要になるでしょう。

また、毛穴の中に残る汚れや皮脂の酸化もくすみの原因になります。汚れを残さないためには正しい洗顔が必要でしょう。

 

メラニンによるくすみ

 

適度な日光浴は人の体に必要なことですが、長く紫外線に当たり過ぎると体の中では肌を守るためにメラニン色素が作られます。これが日焼けのメカニズムですが、このメラニンがそのまま肌に残ってしまうことでくすみの原因になる可能性もあるでしょう。

日頃から日焼け止めや帽子などで紫外線対策をすること、意識して野菜を摂ることを心がけ、メラニンで色素沈着を起こさないように予防しましょう。また、美白効果のある化粧品を使いメラニン色素の生成を抑えるのも効果的です。

 

まとめ

 

くすみがあるだけで、老けて見えたり疲れて見える可能性があるため、鏡を見るたび憂鬱になりますよね。しかしケア次第でくすみの改善がされる可能性はあるため、試してみましょう。

エステナードソニックなら、マッサージ効果での血行促進やイオンクレンジング機能での汚れや角質の排除、ジェルの美白や潤いを与える効果の3つのフォローができると考えられます。くすみに悩まされている人は、一度試してみるのも良いのではないでしょうか。