ドライブデートに必要なのは気配り?好印象の秘訣

003・ドライブデートに必要なのは気配り?好印象の秘訣

 

ドライブデートを楽しく終える事ができるかどうかは、男性だけでなく女性の気配りにもかかっています。

特に恋愛が始まったばかりなら、密室に近いドライブデート時の印象しだいで男性の気持ちが変わってしまう可能性があるため、注意が必要。今回は、そんなドライブデートで好印象を与えるためのポイントについてお伝えしたいと思います。

 

助手席からの気配り

 

女性が助手席に座った時、すべき事は窓から見える景色を堪能するだけではありません。座っているだけで退屈だと思ったとしても、スマホをいじったり眠たそうにすれば、運転している立場の男性から見れば気が利かない人と感じるだけでなく「楽しくないのかな」とガッカリさせてしまいます。

ある程度の会話ができるように配慮するのはもちろん、あめやガム、飲み物などを持参して食べやすいように渡してあげるなどの気遣いも必要でしょう。

全てを彼任せにするのではなく小銭を用意して必要な時にさっと出せるようにする事や、車を汚さないためのごみ袋を持参するなどの基本的な事も重要です。

また、運転について口を出すのは厳禁。自分が車の運転をする場合でもしない場合でも同様でしょう。アドバイスと思って言った事で男性が傷ついたり、気分を害する事もあるのです。

 

いつもと違う目線に注意

 

ドライブデートの時には横に並んで座っています。そのためいつもとは違う角度から相手を見る事になるでしょう。助手席からでも運転席からでも、多くの場合見られるのは横顔。いつも気にしていない部分を含む横顔は、ドライブデートの時には特にチェックしてから出かける事をおすすめします。

また、助手席での姿勢も大切なポイント。車に乗っている状態を想像すれば分かりると思いますが、頭の先から脚の先まで見えている場合が多いです。特に足元は、進路から少し目線を外すとすぐに確認できる部分。

靴を脱いだり、座席に足を乗せたりするのを避けるのはもちろん、知らず知らずに足元がだらしなくなっていないか自分でチェックする必要があるでしょう。

 

匂いではなく臭いになっていないかを注意

 

ドライブデートでは、密室状態の車内で過ごす事になります。そのため強い臭いは不快になるもの。ほんのりと香るのなら問題はないですが、自分では匂いを感じない可能性もあるため、香水を付けるのは避けるのが安全と考えられます。

また最近では柔軟剤の香りがとても強いものがあるため、注意が必要です。匂いは、近づかなければわからない程度が心地よいもの。小さな空間全体に漂ってしまえば、たとえその香り自体が良いものでも一緒に居る相手を不快させる事も大いにありうるのです。

 

素肌とメイク崩れ対策を万全に

 

ドライブデートでは、どんな季節でも日差しを長時間受ける可能性があります。そのためテカリやメイク崩れが気になる事もあるでしょう。いつもきれいな状態でそばに居たいと思うかも知れませんか、助手席でメイク道具を出して直すのはけして印象の良いものではありません。

メイク崩れを起こしにくくするためには、ファンデーションを厚く塗り過ぎない事、またしっかりと整った肌であればひどく崩れる可能性も少ないものです。素顔に近いメイクが魅力的と感じる男性も多いですし、日の当たる車内では濃いメイクはとても目立つため、できるだけナチュラルメイクで出かけるのがおすすめでしょう。

ナチュラルメイクに自信を持つには、スキンケアをしっかりとしておくことが必要。エステナードソニックで毎日のお手入れをして、肌荒れのない綺麗な素肌にしておくと安心です。

 

まとめ

 

好きな人と2人だけの空間で長く過ごす、ドライブデート。長い時間を楽しく過ごせるかどうかは恋愛の重要なポイントでもあるため、街中のデートより気を使うものと考えておくと良いでしょう。

また、男性の本当の姿が垣間見れるのもドライブデートのメリット。渋滞にはまった時の言動や、運転の仕方、相手への気遣いなどを観察するチャンスでもあるため、しっかりとチェックしましょう。