顔が可愛くなる方法はあるの?少しの工夫と努力でOKです

shutterstock_96338771

 

誰でも顔が可愛くなる方法があれば試したいと思いますよね。そんなことできるわけがない…と考えているかも知れませんが、それぞれのパーツを大きく変えられなくても顔の印象を変えることは可能です。

恋愛に関しても、自分に自信を持つためにも中身は大切ですが、やはり外見も重要ですよね。

そこで今回は、顔が可愛くなる方法にはどのような手段が考えられるかご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

表情について

 

顔が可愛くなる方法で重要なのは、普段の表情。表情は心の中を表すとも言われているため、内面がネガティブであったり悲観的だとどうしても表情が暗く、目もぱっちりとしませんし頬も下がり気味になるでしょう。

眼が大きいと必然的に可愛い顔に見えますから、大きく開くことは重要です。目の周りにも筋肉がありますが、いつも伏し目がちにしているとその筋肉も衰え、本来の目よりも小さく見える可能性があります。そのため、目をしっかり開ける習慣をつけることは大切です。また、無表情でいることを避け、いつでも頬を高い位置におくように意識すると自然と頬の筋肉が鍛えられます。

顔が可愛くなりたいのであれば意識して多くの顔の筋肉を使い、表情を豊かに明るくすると効果的でしょう。

 

笑顔が重要

 

可愛い顔になる方法としては笑顔も重要なポイントです。いつでも明るく微笑みを絶やさない顔は、誰もが好感を持つでしょう。逆にいつも口角が下がっている不満そうな顔の人は可愛いと思われるのは難しいです。

そう考えれば笑顔は顔が可愛くなる簡単な方法。しかし、自信がなければ思い切った笑顔もできません。もしも常に自分の顔を否定するような気持っているのなら、その思い込みは捨てて笑顔を心がける努力をしましょう。鏡を見て笑顔の練習をするのもお勧めです。

笑顔ならどんな人にでも良い印象が与えられますし、男性が可愛いと感じるしぐさの1位は笑顔とも言われているのです。

 

肌が与える影響

 

可愛いという印象や雰囲気を与えるためには、どの角度から見ても必ず目に入るキレイな肌が重要です。どんなにそれぞれのパーツの形が良くバランスが整っていても、肌が荒れていれば可愛さは低下するでしょう。

男性から見ても、一番「可愛くない」と評価される可能性があるのが、肌の状態が悪い場合と言われているため、恋愛においてもかなり重要です。

キレイな肌作りにはスキンケアはもちろん、運動による細胞の活性化やバランスの良い食事を摂ることでの健康的な肌作りも効果的です。

また、エステナードソニックのように肌の内部まで働きかけるケアを取り入れるのも良いでしょう。ハリとツヤ、そして白く透明感のある肌ならメイクも映えますね。

 

メイクセンスを養う

 

顔が可愛くなる方法には、メイクも関係するでしょう。メイクは濃いか薄いかだけでなくどんなテクニックを使うか、また自分の顔を可愛く見せるにはどのような方法が合っているかを見極めるセンスを養うことが重要です。ただ塗れば可愛く見えるというものではありません。

アイラインを太く引くか、またはまつげを埋めるように引くインラインにするかで違ってきますし、どの方法なら目が大きく可愛く見えるかはその人の目の形によっても左右されます。

また可愛い印象を与えるには、チークの入れ方も重要でしょう。顔の形によって可愛く見えるチークの入れ方も違うため、様々な入れ方を試して研究することも大切です。

可愛くなるメイクは、いつもしているメイクではないかも知れません。効果的なメイクのテクニックを身に着けて実践するだけで、十分顔を可愛く見せることが可能でしょう。

 

まとめ

 

顔が可愛くなる方法には意外と簡単なものもあります。人が顔を見て可愛いと思う基準は様々ですが、その条件として必要な要素は顔の造形だけではないのです。ちょっとしたことで可愛いと見られる場合もあれば、暗い印象やきつい雰囲気、または年齢よりもはるか上に見られる可能性がるでしょう。

自分をより可愛く引き立ててくれる可能性があるちょっとした努力を、今日から始めてみませんか。