メイクの基本を知っておこう!まず大切なのは何?

shutterstock_145480840

 

メイクはいつも同じ流れで、何気なくしているという人は多いのではないでしょうか。メイク法は様々ですが、どんなメイクにも大切なのは基本でしょう。

すでに自分なりのメイク法が決まっている人も、年々変化するメイクのトレンドに合わせていく場合にも基本はやはり大切。そんなメイクのコアとなる部分をしっかりと抑えておくために重要なのは、どんなことでしょうか。

 

スキンケアは基本中の基本

 

ポイントメイクも魅力的に見せるためには重要ですが、メイクの基本はやはり肌でしょう。

下地もファンデーションも、どんなに良い物を使ってもベースの肌が整っていなければよれたり上手くのらない可能性があります。スキンケアはメイクをきれいに仕上げるための土台作り。とても重要なポイントなのです。

メイク前には優しく洗顔を済ませ保湿をしますが、口元や小鼻のくぼみの細部までしっかりと丁寧にケアすることが重要です。さらに、たっぷりと肌に潤いを与える効果のある化粧品を吟味して選びましょう。

 

下地の重要性

 

メイクはスキンケアの後、ファンデーションの前には下地を使うのが基本です。下地には肌の色や目立つ毛穴を補正する効果、その後のファンデーションのノリを良くする作用、化粧崩れを抑えたり肌を保護する効果がある物もあります。

また、ファンデーションが厚塗りになることで違和感や年齢よりも老けた印象を与える可能性がありますが、下地をしっかりと使って肌を整えておけば厚塗りを防ぐこともできるでしょう。

下地は、説明書をしっかりと確認して使用量の基準とし、顔の中心から外側へと丁寧に伸ばしましょう。手のひらで温めてから使用すると伸びが良くなります。

 

コンシーラーでしっかりカバー

 

気になる細かい部分は、下地の後にコンシーラーでカバーすると良いでしょう。コンシーラーはファンデーションではカバーできないシミやソバカスを隠す事ができます。パウダータイプならファンデーションの前に、リキッドやクリームタイプならファンデーション後に使用するのが基本です。

しっかりカバーするためにはリキッドやクリームタイプよりもスティックやペンシルタイプのような硬いテクスチャーのものが良いでしょう。

茶色い部分を隠すにはイエローやベージュ系、青クマにはオレンジ系、赤みにはグリーン系やイエロー系を使用すると隠しやすいです。シミやソバカスをきれいに隠すには明るめの色を選ぶと逆に目立たせるため、ワントーン暗めのものを選びましょう。

少しずつ、トントンと叩くように馴染ませます。

 

ファンデーションの塗り方

 

ファンデーションは頬や額のような大きな部分から塗り、小鼻や目元、フェイスラインなどはパフやスポンジに残ったファンデーションでカバーしましょう。付属のスポンジなどを使用する人も多いですが、ブラシを使うと良いきれいに仕上がる事もあるので試してみるのもお勧めです。

擦らず優しく塗るのがベースメイクの基本。摩擦は肌荒れの原因になるため、間違ったメイクのせいで肌トラブルを起こさないように気を付けましょう。

クリームやリキッドタイプの場合には、最後にフェイスパウダーを使用するとナチュラルな仕上がりになります。

 

まとめ

 

基本のベースメイクをしっかり仕上げ、ポイントメイクをその時々で楽しみましょう。大人になればなるほどTPOに合わせたメイクが必要になるため、どんな時にも好感が持てるメイクをするには基本が大切です。

素肌をキレイに整えるためにエステナードソニックのような美顔器を朝から使用すれば、より化粧のりが良くなり、引き締め効果も期待できるでしょう。また、短時間でケアが完了するため時間に追われる朝にも便利。場合によってはジェルひとつでケアを完了することもできます。ぜひメイクの基本として取り入れてみてはいかがでしょうか。