彼氏の気持ちが冷めるのはどんな時?ガッカリさせない3つの条件

005・彼氏の気持ちが冷めるのはどんな時?ガッカリさせない3つの条件

 

恋愛中にも気になるのがいつか相手の気持ちが冷めるのではないか、ということでしょう。好きになって付き合い始めたとしても、人の気持ちはどんなことで変化するかはわからないものです。

避けきれないこともありますが、ちょっとした行動に気を付ければ気持ちが冷めるのを回避できる場合もあるでしょう。

では、彼氏の気持ちが冷めるのを避けるためにできる事とはどんなものでしょうか。

 

常識や礼儀ができているかどうか

 

成人した女性であれば、ある程度の常識やマナー、礼儀をわきまえた行動ができるのが普通です。特に公共の場、彼氏の知り合いや身内との交流を持つ場合には、男性のプライドにも関わってくるでしょう。

食事の仕方や、他人への言動や言葉使いなどは男性も意外とよく見ているものですし、彼氏の友達などへの常識的配慮ができていない場合にはガッカリさせる可能性があります。

また、何かをしてもらって当たり前という雰囲気で彼氏への対応をしたり、感謝の気持ちがないと感じれば、気持ちが冷めることもあるでしょう。どんなに長い付き合いであっても、「ありがとう」や「ごめんなさい」を口に出して伝える事は大切です。

特に、恋愛の先に結婚を考えているのならなおさら、常識や礼儀、TPOをわきまえた品のある行動ができるかどうかは重要な事と思っている男性は多いでしょう。

 

干渉しすぎない

 

男性はある程度自由に行動したいと思うものです。そのため、干渉されすぎると面倒に感じる場合もあり、いつもそのような対応をされると徐々に気持ちが冷める可能性があるでしょう。

彼氏の行動に対しての小言が多い場合や、行動範囲について細かく探られたりするとうっとうしく感じる男性は多いです。男性は信用して放っておいて欲しいと思う人が多いため、相談をしているわけでもないのに仕事の面や友人関係にも口を出す事があると、たとえアドバイスのつもりでも嫌煙される場合があります。

また束縛されれば信用されていないと感じたり、気持ちの重さに耐えられなくなる事も。付き合い始めても不安になる時はありますが、できるだけ信用してついていく気持ちを持つようにすると良いでしょう。

個々の時間を大切にする事は、恋愛を長続きさせる秘訣でもあります。

 

気の緩みを見せすぎない

 

付き合い始めは何かと緊張しいていた人でも、徐々に慣れてくるのはよくある事です。時間が経てば経つほど遠慮や緊張感がなくなり、手を抜く部分が出てくる事は誰にでもあります。

しかしあまりにも服装に気を使わなくなったり、メイクをしなくなったり、さらにはムダ毛や肌荒れが目立つなど、気を抜いている事は男性も意外と敏感に感じているものです。だらしない部分が見え過ぎてしまうと、気持ちが冷めるきっかけになる可能性もあるでしょう。最初の頃との差が大きければ大きいほど、ガッカリさせる可能性が高くなります。

長く一緒に居れば、飽きてくることもないとは言えません。それでも新鮮味を失うことなく気を抜き過ぎずに彼氏との時間を過ごせれば、倦怠期も乗り切れるのではないでしょうか。

特に、肌がキレイな女性は男性には魅力的に映ります。潤いある肌をキープするためにも、スキンケアには手を抜かないようにしましょう。エステナードソニックなら短時間で効果的なケアが可能なため、面倒な時にも簡単に美肌をキープできる可能性がありますね。

 

まとめ

 

彼氏の気持ちが冷めるのは、人としての常識だけでなく男性の持つ性質にも関係しているでしょう。自分の本質や根本的な考え方を変える必要はないですが、少しの心がけでガッカリさせずに済むかもしれません。

相手へ甘える気持ちや心を許す事も大切ですが、度を過ぎると気持ちが冷めるきっかけになりうると言えるでしょう。

改善を心がければ、彼氏だけでなく多くの人に好印象を与えられる事でもあるため、さらに素敵な女性に近づけるとも考えられますね。