美肌の秘訣!コラーゲン生成に役立つ食べ物とその食べ方

006・美肌の秘訣!コラーゲン生成に役立つ食べ物とその食べ方

 

コラーゲンの量を増やす事は、美肌の秘訣と言われています。そして体内のコラーゲンの生成を促すには、その材料となるものが必要。それは食べ物から得る栄養素の中に多く存在しますが、実は単にコラーゲンを含む物を食べただけでは効果が低いとも言われています。

そこで今回は、体内でコラーゲンを生成するために必要な食べ物とその役割についてご紹介します。スキンケアと共に美肌キープのために役立ててください。

 

肌のコラーゲンを増やすためには

コラーゲンは、肌の潤いや弾力をキープしシワやたるみを防ぐために必要な成分ですが、肌だけでなく体のあらゆる部分に使われていて、骨や血管壁にも必要不可欠なものです。

不足すれば必然的に生命を維持するために率先して使われるため、肌への配分が少なくなると言われています。そのためコラーゲンの生成を促すための食べ物を積極的に摂り、不足がちにしない事が美肌キープの秘訣と言えるでしょう。

 

アミノ酸のバランスが良い「タンパク質」の摂取

 

コラーゲンは様々なアミノ酸で構成されていますが、アミノ酸はタンパク質の一種。そのため、多くのアミノ酸を含むタンパク質を食べ物から摂取し、材料が十分に保たれていればコラーゲンは不足しにくくなるでしょう。

細胞は日々作られているため、良質なタンパク質をコンスタントに食べ物から摂取する事が大切です。そのため、毎日の食事に肉や魚、大豆や卵をバランス良く取り入れるのが肌の潤いを保つ事に繋がるのです。

 

ビタミンCと鉄分を共に摂る

 

コラーゲンを作る材料のアミノ酸を含むタンパク質と共に必要になるのが、ビタミンCと鉄分。いくらタンパク質を豊富に摂取しても、ビタミンCがなければコラーゲンの合成がうまくいかない可能性が高くなります。

ビタミンCを含む食べ物は、イチゴや柿、キウイなどの果物だけでなく赤ピーマンやブロッコリーなどです。必要以上に摂取すると排出されてしまうため、毎日こまめに摂ると良いでしょう。

また、鉄分も同じくコラーゲン生成のサポートの役割があります。不足しがちな栄養素のため、ひじきやホウレン草、レバー、赤身の肉や魚などの食べ物を意識して食事に取り入れると良いでしょう。ただし、鉄分の過剰摂取は健康を妨げるため、食べ過ぎたりサプリメントで摂取しすぎないように注意が必要です。

タンパク質と共にこれらの栄養素を含む食べ物を摂るように心がけると、コラーゲンの生成がより促されるでしょう。

 

食べ物やサプリメントでコラーゲンを摂取するのは良い方法?

 

美容や健康のために、コラーゲンの豊富な食べ物やサプリメントを摂取するのも良い方法ですが、コラーゲンの分子は大きいためそのままでは吸収されず、アミノ酸やペプチドに分解されると言われています。

そのため、必ずしもコラーゲンを摂取する事が体内のコラーゲンを増やすことになるとは言えないのです。しかし、その他のタンパク質と同じく生成するための材料にはなるでしょう。

ただし、コラーゲンのみに偏った食べ物ばかりを食べたりコラーゲンのサプリメントにたより過ぎると、他のアミノ酸とのバランスが崩れ、コラーゲンの生成が妨げられる可能性もあるため注意が必要です。

 

まとめ

 

コラーゲンの生成に必要な栄養素は、必ずしもコラーゲンを含む食べ物である必要はないでしょう。バランスの良い食事を摂っていれば、それだけでもコラーゲンの生成を助ける事ができます。

しかしその量は年々減少していくと言われているため、年齢を重ねるごとに意識して食べ物を選ぶ必要はあると考えられます。

また、美肌キープのためには食生活を整える事も大切ですが、スキンケアも重要。エステナードソニックでのケアも共に行って、いつまでもキレイな肌を保てるように促すのもおすすめの方法です。