水を飲むと肌にも効果アリ?その理由と飲み方について

006・水を飲むと肌にも効果アリ?その理由と飲み方について

 

人の体の約60%は水分と言われていますよね。有名人の中にも、1日に多くの水分を摂取して美容と健康に役立てているという人がいます。確かに水分補給は健康な肌づくりにも必要な要素ですが、ただたくさん飲めば効果的というわけではありません。

今回は、水分補給と肌の関係、また効果的な飲み方についてご紹介します。

 

水分補給の肌への作用

肌の表面からケアすることで、水分を肌に吸収させていると感じている人もいると思いますが、外側から与えられる水分には限界があります。外側からのケアでは肌の表面部分である表皮にある角質層までは浸透しても、その奥の肌の土台となる部分に浸透させることはできないと言われています。

体の内部の水分は飲むことで保たれるため、水分補給が足りていれば細胞にも水分が保たれ活性化し、肌も潤う可能性があるのです。

 

たくさん飲めば効果的というわけではない

 

肌の水分量が水を飲むことで保たれるなら、たくさん水を飲めば肌がプルプルになるのかと言えばそうではありません。

水分を摂り過ぎることで起こる悪影響もあるのです。多くの水分を摂れば、体が冷えたり腎臓への負担が大きくなります。またむくみの原因になることも。

そのため、重要なのは適切な量を摂取することなのです。美肌にしたいからと言って、たくさんの水分を摂り過ぎることは避けなければなりません。

また冷たい水を度々飲むと、より体が冷えやすくなったり腸の働きを低下させる可能性があるため、常温の水を飲むのが肌のためにも効果的な方法です。さらに体温よりも少し高い程度に温めた白湯なども体にやさしいでしょう。

 

1日にどれくらいの水が必要?

 

人が1日に必要な水分摂取としての目安は1.5~2リットルと言われています。また、一度に多くの量を飲むのではなく、250ミリリットル程度の量を数回に分けて摂取すると、吸収されやすいでしょう。またコップ1杯の水を一気飲みするのではなく、数回に分けて飲むのが効果的です。250ミリリットルを1回とすれば、1日に8回の水分摂取をすると効果的ということになります。

このように考えると、日々の水分摂取が足りていないと感じる人もいるのではないでしょうか。1日のうちに数回は、意識して水を飲んでみると肌の調子が良くなる可能性があります。また、健康面でも効果的と言えるでしょう。

 

ジュースやお茶からミネラルウォーターへ

 

たまに楽しむのであれば、ジュースはとても気分転換になります。しかし普段からジュースをメインに水分補給をしている人は、糖分を多く摂取している可能性があり、糖分を多くとってしまうことで肌荒れが起こりやすくなっている可能性もあるため、意識して水やミネラルウォーターに変えてみると良いでしょう。

ジュースではなくて、お砂糖の含まれていないお茶やコーヒーを飲むという選択もありますが、利尿作用が含まれているため飲み過ぎると逆に脱水症状がおこり、肌を乾燥させることもあると言われています。

やはり体に水分を与えるという視点から考えると、1日の半分くらいの水分はそのまま体に吸収される「水」を意識して飲むのが効果的です。吸収された水分が血液を流れやすくし、血行が良くなることでも健康的な肌の生成が促されますよ。

 

まとめ

 
水は飲み過ぎても問題ですが、足りていないと肌にまで影響する場合があります。必要な摂取量を意識して摂ると、肌トラブルが少なくなる可能性もあるのです。

これまで水分の取り方を意識したことのない人は、1度試してみてはいかがでしょうか。

また、肌荒れが気になる場合に一番重視したいのはスキンケアでもあるでしょう。エステナードソニックのスキンケアなら肌の奥にまでアプローチができる可能性があるため、肌をもっと美しくしたいと考える人におすすめのスキンケア法でしょう。

上手な水分補給と共に利用して、ツヤのある肌のキープに役立ててみてはいかがでしょうか。