シミの原因はひとつではない!?見極めてからの予防対策

009・シミの原因はひとつではない!?見極めてからの予防対策

 

シミを見つけると落ち込みますよね。なかなか取れないものでもあり、改善法を試しても全く効果が感じられないこともあります。そのため、できるだけ作らないようにしたいものです。

シミの予防をするには、原因になることを避ける必要があるでしょう。そしてその原因は紫外線と考えがちですが、実はその他にもシミができやすい、または目立ちやすくなる原因があります。

その原因を知り、効果的な予防対策をしましょう。

 

ストレスもシミの原因になる

 

肌の状態はストレスによって変化することがあります。シミができやすくなる原因にも、ストレスが関係していると言われています。

ストレスを解消できずに溜まっていくと、肌のターンオーバーが乱れたりホルモンバランスが崩れる可能性がありますが、肌のターンオーバーが遅くなることで通常であれば排出されるメラニン色素が肌に残った状態が長く続くため、シミが出現しやすくなります。

ストレスは必ず誰もが感じているものですが、発散や解消ができなければ緩和されないままの状態になるため、自分のストレス解消法を知っておくことは大切です。運動や親しい人との会話、部屋の掃除や泣くことなど、様々なストレス解消法があるため、試してみると良いでしょう。

また、摂取する栄養の偏りがあるとストレスを感じやすくなることもあるため、ビタミンBやC群、タンパク質、カルシウムやミネラルの摂取など、バランスの良い食生活も重要でしょう。

 

炎症後色素沈着

 

シミには、ニキビなどによる炎症が原因で起こるものもあります。そのダメージの大きさにより、赤茶色であったり濃い茶色になる場合もあるでしょう。

肌に傷やニキビできたり、さらにそこに紫外線を浴びることでよりダメージが起こり、シミになることがあります。ダメージを受けた肌を守るためにメラニン色素が発生し、シミとして肌に表れるのです。

単に紫外線を浴びた時と同じ現象ですが、もともとは肌の炎症や傷が原因となっていることもあるのです。日ごろから肌荒れや乾燥を起こさないようなスキンケアと食生活を心がけ、ニキビや傷ができた場合にはできる限り刺激を与えないようにしましょう。もちろん、紫外線対策をしっかりとしておくことも大切です。

 

摩擦や刺激で起こるシミ

 

紫外線だけでなく肌へ摩擦や刺激を与えることでも、ダメージから肌を守るためにシミの原因になるメラニン色素が生成されやすくなります。

念入りなスキンケアをするのは良いことでもありますが、コットンによる摩擦やパッティングのしすぎ、間違ったマッサージ法、肌を擦るようなクレンジングで日々肌へ刺激を与えれば、シミができやすくなります。

肌は極力擦らず、優しく扱うことが大切でしょう。どんな場合にも擦るようなことはせず、スキンケアの時にも摩擦の起こらない方法を心がけましょう。

 

美白効果とターンオーバーでシミの目立たない肌に

 

シミはターンオーバーが遅れることで目立ちやすくなります。そのためストレスや加齢でターンオーバーが乱れるとメラニンの排出が追い付かず、シミが目立つ原因になるのです。

そんなシミを目立たなくするためには、ターンオーバーを正常に促すことが大切。また美白効果のある化粧品の使用も効果的でしょう。

その両方のケアができるおすすめのスキンケア法のひとつが、エステナードソニックです。エステナードソニックのマッサージ効果で肌のターンオーバーを促し、美白ジェルを使用することでシミの改善と予防に効果的と考えられます。シミのできてしまった肌にも予防にも役立つのでしょう。

 

まとめ

 

シミは、できてから改善するよりも予防を心がけるのが一番です。シミの原因を突き止め、できるだけ生活から排除しましょう。

ビタミンCはシミの予防や改善、ストレスの緩和に効果的。またコラーゲンの生成にも役立つため、肌のハリや透明感も得られる可能性があります。スキンケアと共に積極的に摂取してみてはいかがでしょうか。