美白に良い食べ物と逆効果な食べ物を利用して白肌になるには

美白に良い食べ物と逆効果な食べ物を利用して白肌になるには

 

美白を化粧品で行っているという人は多いでしょう。それをさらに効果的にするためにできるのが食べ物による美白促進。食べ物は人の体を作るための材料にもなり、肌の状態を左右することもあります。

そこで今回は、美白に効果的な食べ物と美白の妨げになる可能性のある食べ物をご紹介します。日々の美白に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

美白効果のある食べ物とは

 

食べ物で美白を促すことができるのは、食べ物の中には紫外線の影響で発生した活性酸素を抑える働きがある抗酸化作用や、肌を黒くしたりシミの原因になるメラニン色素の生成を抑えるもの、代謝を良くして不要なメラニン色素を排出する働きをする成分が含まれているものがあるからです。

特に抗酸化作用のある食べ物は、美白に効果的なだけでなく紫外線や加齢によるシワやたるみを予防する働きも期待できるため、アンチエイジング効果も含めておすすめでしょう。

 

美白におすすめの食べ物

 

美白に効果的な食べ物のひとつは「トマト」です。活性酸素を除去する効果が期待できるリコピンやフィトケミカルを豊富に含み、紫外線を受けて起こる肌の赤みを抑えます。特に加熱したトマトはリコピンの含有量が増えると言われているため、トマトケチャップなどを利用するのもおすすめでしょう。

また抗酸化作用をもち、メラニン色素の生成を促すメラノサイトの働きを抑えるβカロテンを多く含む「ニンジン」や「カボチャ」などもおすすめの食べ物と言えるでしょう。ただし、タンパク質や脂質を摂取せずにβカロテンを過剰に摂取すると肌を黄色くすると言われているため、バランスよく摂ることが重要です。

そのほか、ビタミンCとβカロテンの両方を含み効果的なのが「パプリカ」。抗酸化作用とメラニンの生成を抑える効果が高いと言われています。ビタミンCはこのほかにも、キウイやブロッコリーにも含まれます。

40度程度に温めて食べるホットヨーグルトは、腸内環境を良くして新陳代謝を促し、シミやくすみの防止に役立ちます。

 

ソラレンを含む食べ物に注意

 

美白に効果的な食べ物もあれば、紫外線の影響を受けやすくすることで美白の妨げになる食べ物もあります。それは「ソラレン」という成分を含む食べ物です。ソラレンは光毒性があると言われ、食べてから日に当たると紫外線の吸収率を高めるため通常よりも日焼けや色素沈着を起こしやすくなると言われています。

このソラレンは柑橘系のレモンやグレープフルーツ、キュウリなどに豊富に含まれます。

ただし、このような食べ物は体に悪いわけではなく、美白効果のあるビタミンCを含む物も多くあります。ソラレンは食べてから2時間前後で作用すると言われているため、食べる時刻に注意して、できる限り影響の少ない夜に摂取するようにしましょう。

 

チロシンの摂り過ぎは日焼けを起こしやすくする

 

「チロシン」という成分も美白の妨げになります。含まれる食べ物は、チーズや大豆、マグロなどのタンパク質を含む食べ物。チロシンはシミや日焼けの原因となるメラニンの材料になるため、食べ過ぎることで美白には逆効果になる可能性があります。

しかし、体に必要な栄養素でもあるため、摂りすぎないように注意することで美白への悪影響を避けるようにしましょう。

 

まとめ

 

食べ物で体内からケアすることで、より白い肌に近づくことができると考えられます。美白化粧品を使用しているのにイマイチ効果が実感できないという場合には、食べ物にも注目してみると良いかもしれません。

ただし、肌のためには美白におすすめの食べ物だけでなく、タンパク質やミネラルの摂取も重要です。これらは健康的な肌を作る材料となるため必要不可欠。不足すれば美白に良い食べ物の摂取を行っても効果が低下するため、バランスの良い食生活も大切と考えましょう。